目黒区のアゲハは私が守る- アゲハ蝶ニッチさん

目黒区のアゲハは私が守る- アゲハ蝶ニッチさん

そこにはアゲハ蝶の卵があるのに!

 

車がガサガサーっと、柑橘系の木のそばを通り、葉っぱを揺らした。

『あぁっ!!』

(そこには、アゲハ蝶の卵が付いていたのに!)

目黒区のアゲハ蝶の数が減った気がしていた。

人間のせいなのかな…

そんな風にぼんやり考えた私だが

実は、虫があまり得意ではない

 

隣には5歳になった息子がいる。

(この子には虫嫌いになってほしくないな…)

 

10年前

初めてアゲハ蝶の卵を自宅に持ち帰りました。

 

そう語ってくれたのは、

ハンドメイダー®ハイジさん。

 

グリム童話の中から飛び出してきたようなお方…

(ちょっとはっきり言って強烈。)

 

『大人のグリム童話実写版に出演されていましたか?』

聞きそうになったのは

ほんとに秘密

 

そんなことを言った日には、

ハイジさんに魔法をかけられて

アクセサリーにされそうですからね。

 

さて、ここでナゼ

アクセサリーにされそう

 

と書いたかというと、

 

ハイジさんはアクセサリー作家さんだから

 

ハイジさんの世界観のままのアクセサリーたち

 

めっちゃ可愛くないですか?

こんなアクセサリー付けている友達は

周りにいないだろうなぁって

ほそかわも思わず購入。

 

 

鼻が上を向いている

自分みたいな豚のイヤリングと

大好きなカエルが

飛びだすイヤリングを購入しました

 

 

ハイジさんとの出会い

 

ハイジさんがアゲハ蝶ニッチさんと知ったのは、

ほそかわがカエルイヤリングなどを購入した後!

 

作った人が一体どんな方なのか気になり

TwitterやInstagramでハイジさんを検索

そしたら

なんだか気が合いそうな雰囲気がぷんぷん

 

手作りの編みぐるみ

 

シュールすぎる(笑)
ホントこういう人だいすき。

 

ハイジさんのTwitter @bonbon3cherry 

ハイジさんのInstagram alpushaiji

 

逆に

ハイジさんは、ほそかわの書く文章に

興味を持ったらしく、

コメントをくれるように
なりました。

 

『え?私が食べてる虫って爬虫類用の餌なんですか?』

 

この記事に対して、

ハイジ
私はアゲハ蝶の母を自任しているので虫は食べません

と反応してくれ

ハイジさんが何か普通のお方ではないことに

気づきました。

だって『アゲハ蝶の母』ですよ?

すぐさま取材の申し込み!

というか、
偶然に

ニッチさんと出会える

わたしの才能すごくないですか?

 

 

アゲハ蝶の母とは?

 

ほそかわ
アゲハ蝶は、自宅で育てているんですか?
ハイジ
そうです。鳥かごの中で飼っています。
ほそかわ
え?鳥かご?めっちゃおしゃれ!

 

 

ほそかわ
これどんな仕組みになってるんですか?
ハイジ
試行錯誤したのちに辿り着いた飼い方なんですけど、飲んだ後のコーヒーカップに水を入れて、蓋に穴を何ヵ所か開けるんです。で、その穴に餌となる柑橘系の茎を刺してるんです。

 

つまり、こういうことらしい。

 

ハイジさん曰く、

卵から孵ったばかりの小さな幼虫が穴から落ちてしまうこともあるので、穴の大きさには気を付けてください!

 

ということです。

 

みなさんも気を付けてください。

 

ほそかわ
鳥かごから幼虫は逃げないんですか?
ハイジ
たまに逃げちゃうこともあるんですが、基本的に餌の葉っぱにいます。

あとは、工夫してティッシュケースを利用した【サナギ小屋】なるものを鳥かごの上部に設置しています。

ほそかわ
さ、サナギ小屋っ?!

 

サナギ小屋
ティッシュケースを半分に切り、折り合わせて完成。

 

ティッシュケースの中ってザラザラしてるから、幼虫としては心地よくサナギになれるらしい。

 

 

こんな感じにサナギを作って蝶になります。

 

サナギ小屋に入った幼虫

 

知られざるアゲハ蝶の秘密

 

ハイジ
言ったように、私は最初は虫嫌いでした。だけど、今じゃ卵から成虫に育てるのが楽しくて楽しくて。飼っていると色んな発見がありますし。
ほそかわ
たとえばどんな発見があるんですか?
ハイジ
サナギを触ると動くのは面白い発見でした。
ほそかわ
あれ?サナギって中身ドロドロ状態で動かないと思っていました。

※サナギの中身について知らない人はウィリアム博士のサナギの実験を検索してみてください。

ハイジ
いえ、サナギに成り立てと羽化前は動きます。サナギの状態では動かない時期の方が短いのよ。
ほそかわ
へ~!知らなかった

 

☟(この動画かなり凄いです。)

View this post on Instagram

Japan🎌designer ハイジbonboncherryさん(@alpushaiji)がシェアした投稿

知られざるアゲハ蝶の秘密②

 

ハイジ
最近、研究文を読んで知ったのだけど、サナギの中でドロドロになっても幼虫時の記憶って成虫時も覚えてるみたいなの。

 

 

ハイジ
人懐こい幼虫は、蝶になっても人間慣れしてて面白いのよね。

 

 

ほそかわ
すっげぇ。手乗りだ!こんな風に懐いてくれたら可愛いですね。

 

※羽化したけどこのように家で保護する例

①羽化しても飛べない子
…そのまま放しても鳥に食べられるか、蟻のエサになる。

②冬に羽化してしまった子
…寒いとダメ。

 

どうやって育ててるんですか?

ハイジ
基本的には放置!
餌となる葉は、みかん・レモン・山椒です。あとはパセリも食べるんです。
ほそかわ
え?パセリも!
ハイジ
アゲハ蝶の幼虫って、にょきって角出すじゃないですか?あのクサイニオイは食べた葉っぱによって変わるんですよ。
ほそかわ
そうなんですか!?

知られざるアゲハ蝶の話が聞けて超たのしい。

 

何匹孵してるの?

ほそかわ
10年前から目黒区のアゲハ蝶の卵を孵してるみたいですが、一体どれくらいの数の卵を孵して成虫になるまで見守っているんですか?

ハイジ
年間100匹で、もう1000匹は目黒区に放っていますね

 

ほそかわ
せ、せんびき?!

 

こりゃ、アゲハ蝶の母だわ。。。

 

記事の前方でお伝えした通り、【息子さんを虫嫌いにさせたくない】思いでアゲハ蝶を自宅で育てた始めたハイジさん。

実は一時期、アゲハ蝶を育てなかったこともあるみたいなんです。

 

アゲハ蝶を飼わなくなった理由とは?

 

ハイジ
息子が、外でアゲハ蝶の幼虫を踏んじゃったみたいで…それがどうやらショックだったらしく『飼いたくない!』と言い始めたんですね。息子の虫嫌いを無くすために飼っていたけど、卵を持ち帰るのを1年やめました。
ほそかわ
たしかにそれは、ショッキング!でもまた飼うことを再開してますよね?
ハイジ
はい。1年飼わなかった翌年、あきらかに目黒区のアゲハ蝶の数が減っているような気がしたんです。
ほそかわ
ほえ~

ハイジ
そこで、目黒区のアゲハ蝶は私が守る!と誓いました。

ほそかわ
(どんなドラマだよ)

 

卵ってどこからもらうの?

 

ハイジ
1年で成虫になる期間が3シーズンあって、1シーズン30~35個くらいを目安に自宅に卵を持って帰って育てます。

 

ハイジ
目黒区にある柑橘系の木があるお家に声かけしたり、ホームセンターの人に言って卵をもらっています。ホームセンターの人からすると害虫ですから快く譲ってくれます。
ほそかわ
(やばいなぁ、ニッチさんだなぁ)
ハイジ
ちなみに目黒区の柑橘系の木は13か所くらい把握してます(笑)

 

ほそかわ
ところで、1シーズンで持ち帰る卵は30~35個って、なんで決めているんですか?
ハイジ
鳥かごの中で飼うのも限界があって、あまり多く卵を入れておくと死んじゃうの。謎の死病が流行って弱い子は淘汰されちゃうの!
ほそかわ
え?死病?こわい!

 

ハイジさん、アゲハ蝶を飼いながらホントに研究してるなぁ~とひたすら感心しちゃうほそかわ。

 

自然に育てる場合と家で飼う場合どう違うの?

 

ほそかわ
家で育てることのメリットとかあるんですか?
ハイジ
9割はきちんと成虫になりますよ。幼虫を持ち帰ると寄生されてることも多くて、卵のうちに持ち帰るのがベストです。
卵のうちから家で育てているのに寄生されてることもあって、いったいいつのタイミングで寄生しているのか謎もありますね…

 

ヤドリバエに寄生され茶色くなったサナギ

 

ほそかわ
出た!寄生

 

(ほそかわも小学生のときアゲハ蝶を育ててたけど、サナギから出てきたのは蜂だったという苦い思い出がある。)

空っぽのサナギ

 

ハイジ
自然界では、きちんと成虫になる確率は2%ほど。私が育てると100匹中90匹は成虫にすることが出来ます。凄いでしょ?

 

ほそかわ
それはすごい!!!!

 

アクセサリー作りの原点

 

素敵なアクセサリーを作る作家さんでもあるハイジさん。

作業台の写真を見せてもらいました。

ハイジさんの作業台

ハイジ
ちょっと恥ずかしいんだけど、いつもごちゃついていて…
ハイジ
決して美しくはないんだけど、こんな風に目の前にパーツを広げていたほうがアイデアが浮かぶのよね。

(いや全然汚くないし、むしろ素敵だと思ったのは、ほそかわだけ?)

ハイジ
専用のアトリエがなくて、ご飯時はケースを片付けて…って感じです。作業スペースに苦労しているクリエイターはたくさんいますね…

 

アゲハ蝶育成とアクセサリー作りを無理やり結び付けるなら

 

ほそかわが考えるに、

アゲハ蝶はこういう環境だったら喜ぶかな?という優しさが、ハイジさんのアクセサリーには表れているような気がします。

 

アゲハ蝶を育てるにも気づきやいろんな工夫をしているハイジさん。

そういった観察力クリエイティビティ、『どうしたらお客さんが面白い&可愛いって思うモノが出来るんだろう?』って優しさが、ハイジさんのアクセサリーから感じられるように思えてきました。

 

あとライフスタイルも素敵☆彡

服装もおしゃれで可愛い♪

 

 

たぶんこの知識なくても生きていける

 

ということで今回のニッチさんはいかがでしたでしょうか?

 

雑学に雑学を重ねた記事となりましたが、

いつかどこかでアゲハ蝶ニッチさんの記事を読んでいて良かったと思える日がくることを願います。

(え?こいつやけにアゲハ蝶について詳しくない?凄くない?)と思わせるには、とっておきの雑学のような気がしますので、アゲハ蝶になんだか詳しい人になりたい方は、この記事をあと3回復読してください。

 

豚さんイヤリングをつけた私と宇宙飛行士のピアスをつけたハイジさん

 

最後まで読んでくれたあなたへ

 

ほそかわ
ハイジさんの独特の世界観動物への愛に心揺り動かされたあなた!本当は教えたくないのですが、ハイジさんのアクセサリーが買えるサイトを紹介します。

 

https://minne.com/@bonbon3cherr

クリックするとSHOPに移動します。

 

『ねぇ、何そのイヤリング?』って声を掛けてもらえるアクセサリー。

わたしは、耳に付けているとほんと1日テンション上がります。

 

 

 

実際に手に取って見たい人は

◆9/18~30【渋谷モディ1F】旧丸井
9/19~25仙台市Pipie&Lilly SELVA2F 10-21
◆通年 ラフォーレ原宿ダリア

商品展開しているので是非!

 

そしてそして!

 

なんと現在

ハンドメイド作家のためのビジネス本

執筆中なハイジさん。

 

 

【趣味のハンドメイド作品で終わるのではなく、しっかりと商品として販売するまでのノウハウを書いてくれるみたいなのです!!

これ絶対需要ありますよね‼

私めっちゃ欲しいですもん。

 

実際にハイジさん自身がアクセサリーを作って、ネットショップで販売して、店頭販売できる場所も見つけて…と行動していますし、ハンドメイド作家としてはかなり成功しているお方なので、説得力もありますよね。

 

年内には頑張って執筆を終えたいとお話されてました。

私もハイジさんの1ファンとして本が出版されるのを楽しみにしています。

 

 


 

ハイジさんの

Twitter @bonbon3cherry 
SHOP https://minne.com/@bonbon3cherr
Instagram alpushaiji

 

 

 

羽化を待つカーテンに並べられたサナギ

 

おしまい


👽Nicheっち、中の人の毎日絵日記はコチラ

https://note.mu/tresinnovation

👽Nicheっち、中の人のTwitterはコチラ

@nichebito

👽Nicheっち、中の人のInstagramはコチラ

world_of_the_niche