「お譲りいただきたいです」はどっちの意味なのか?フリマアプリでの疑問

「お譲りいただきたいです」はどっちの意味なのか?フリマアプリでの疑問
Pocket

ここ3年くらいで、フリマアプリを使うことが当たり前の世の中になったように思います。わたしは、5年前くらいからメルカリを使い始め、2年前に、引っ越し先で安く家具家電を調達するためにジモティーをダウンロードしました

メッセージが丁寧すぎて難しい問題

フリマアプリを使用する上でかかせないのが、目の前にいない人との会話。つまりスマホ上だけのメッセージ交換です。

とくに日本語は1単語だけで様々な意味をもつのでやっかいです。
なので文章だけでは、相手の意図を推し量れないときがあります。

今回、わたしは、「ジモティー」を利用している際に

その問題にぶち当たりました。

これが、相手から送られてきた取引メッセージです。

中古品の電化製品を4000円で出品しました。すると、すぐさまこのようなメッセージが届きました。

「4000円で買い取ってくれるんだな」とすぐさま快諾し、待ち合わせ場所・時間まで約束したのちに、あることが不安になりました。

そうです。この人、一メッセージに2回も「お譲りいただきたいです」と使用しています。

もしや、この人…。
「近くまで取りに来るからゼロ円で欲しい」って言ってたんじゃないの?

いやいや、ほぼ新品だし、4000円くらいの価値あるし、、他にも立候補している人いたから、ゼロ円で渡すなら他の人に売りたいし、、、

どうしようと迷える子羊状態になっていると、別の方から「取引したい!」とメッセージを受け取りました。

そしてその方のメッセージに私は恐怖を感じました。

さっきの人と、同じだ!
また、「譲りたい」って1メッセージに2回使ってる!!!

あらかじめ安く設定したものをさらに値切る人がメルカリに存在しているのは知っていましたが、

「値切り」をとびこして、「無料」でもらおうとするなんて!!!!

日本の不景気こわすぎ!!!!

ジモティーの定型文なのでは?

こんなまるっきり一緒の文章を送ってくるなんて、なんかおかしい!

もしかして、ジモティーが自動で出す定型文なのでは?

そんな風に疑いはじめて、モヤモヤがとまらなかったので、直接取引中の人に聞いてみることにしました。

(ほっ)

よかった~~~払うつもりのひとだったし、これ定型文だったんだ。

自分で、おためしで購入メッセージ画面に飛んでみると、このように自動でメッセージが打たれていました。

「初めまして○○と申します。掲載されている品物について、ぜひお譲りいただきたくご連絡いたしました。取引の日時・場所について、ご希望に合わせますので、お譲りいただきたいです。」

「譲る」ってこの場合、二つの意味あるじゃん~。
2回も使われるとゼロ円で欲しいのかと勘違いしちゃうよ~~~。

「譲る」が2回使われた文章の場合、どれくらいの人が、「ゼロ円で欲しい」と勘違いしちゃうのか、Twitterでアンケートをとってみました。

25%のひとが、勘違いしちゃうという結果に。

やはり、一定数はわたしと同じように戸惑うひとがいるということです。

今回、ジモティーの定型文が丁寧すぎてわかりにくかったことが判明したので、このメッセージを送ってくる人はちゃんと払うつもりで「譲る」を使っている場合が大半だとおもいます。

相手に嫌な気持ちを抱かせずに確認したい場合は?

今回、「お譲りいただきたいです」に非常に悩まさせられてしまったわけですが、世の中には「ゼロ円で引き取りたい」の意味で「お譲りいただきたいです」と使ってる方もいるとおもいます。

どう、見分けたらいいのか、アプリ上で確認するのはとても難しいです。

そこで、解決方法として以下の文章を送ってみることを提案したいです。

※さきのTwitterアンケートを行った際に、ある方が模範解答を教えてくださいました。

「直接のお渡しとなりますので送料はかかりませんが、価格は表示価格のままとなります。それでもよろしいでしょうか?」

(@やさしい犬さんから教えていただきました)

相手に嫌な気持ちを抱かせず&代金は払ってもらいたい意思を伝える。

これは完璧だ!!!!!

この後、わたしのジモティーでも取引がどうなったかというと、すんなり4000円渡していただき、家電製品もお渡しすることができました。

おわりに

利用するひとが増えているフリマアプリ。取引の際のトラブルも増え続けているようです。

第一に「日本語が難しすぎる」という点もありますが、
「安く調達&モノを共有するエコ社会」のためにも取引の際にトラブルなくフリマアプリを利用できたらいいですね。


Twitter:ニッチほそかわ

記事更新のおしらせはこちらから↓

友だち追加

youtube:ニッチTV

お問合せ