アイドルを体験して卒業してきました!(その期間8カ月)

アイドルを体験して卒業してきました!(その期間8カ月)
Pocket

記事の更新が滞っておりましたがアイドルをしていて忙しい毎日でした。(記事の更新をたのしみにしてくれた人はごめんね!)

せっかくアイドルをしていたので体験記を書こうと思います。

所属していたアイドル運営事務所との契約上、内部の詳しい話は書けないので、事務所が公表している事実とファンからのアンケートのみでの記事となります。

これからアイドルになろうとしている人や、わたしの数奇な人生の一部を7分程度で知りたい人におすすめの読み物です。

どうしてアイドルになったの?

2020年4月頃プログラミングスクールが立ち上げる「プログラミングができるアイドルグループ」に入りませんか?というツイートを見かけました。

募集記事はこちら

普通60万円ほどするプログラミングスクールの授業を無料で受けることができて、アイドルという存在だから勉強している様子をみんなに発信しても良くて、「こんないい環境ないじゃん!」と思い応募しました。受かりました。

コロナ自粛が始まっていたので、全部オンラインです。面接の時に水着になることもありません。なんなら、「人に肌を見せたくないので露出が多い衣装ならやりません」といいました。それでもOKでした。

でも誤算もありました。

わたしは、歌を歌うのがハチャメチャに下手です。

さらに音痴だけでなく、運動神経も、ものすごく悪くて高校のときはダンスが下手すぎて居残りしていました。マラソン大会はもちろんビリです。

アイドルは歌って踊れる!が当たり前だと思ってる方が多いと思いますがどっちも苦手なので、わたしはアイドルには向いてないことになります。

オーディション合格後に、運営さんは「7月に歌を出します。ダンスレッスンも受けてもらいます」と言いました。

オーディション応募時は、プログラミングを勉強して成長する過程を見せるだけだと思っていたのでひっくり返りそうになりました。

CDデビュー

運営さんは「Nizi project」の大ファンで、NijiUみたいなアイドルグループを作りたかったみたいです。なので、もちろん歌も歌うしダンスも踊るアイドルを作るつもりだったんですね。

ちょっと想像していたアイドルではないなぁと思いながら、ボイトレが始まりました。普通、地下アイドルって自腹でレッスン受けるらしいんですけど、わたしたちのグループは運営さんがお金を出してレッスンに通わせてくれました。

なので、ありがたくレッスンに通わせてもらうことにしました。

結成してわずか2カ月ちょっとでCDデビューしました。

きちんとプログラミングについての曲でアイドルらしさもあり「プログラマーアイドル」の歌となっています。

デビュー曲についてのプレス記事

みんなの知っているAmazon musicやApple music、Spotifyなどで配信もされています。

音楽系サブスクに入っている方は是非聴いてみてください。それからCDやソングカードも販売しています。Amazonでグループ名を検索すると自分の顔があるのが面白いです。

これは練習動画です。

(このときにはもうメンバーが2人いなかったですが)

メンバー脱退について思うこと

今みんなが聴いている曲は、レアものです。

結成当初は7人でしたが、3カ月目からメンバーが1人消え、そしてリーダーが脱退し、半年目で2人辞め、その1か月後にわたしが辞めました。

なので、いまは存在しないメンバーも歌ってる曲となっています。

(最新の情報によると3月21日にもう一人辞めるため、残ったメンバーは1人に)

辞めていくメンバーが増えるにつれ、わたしの歌うパートが増えました。最初に言いましたが、私はとてつもなく音痴なので初めに任されたソロパートがどのメンバーよりも少なかったです。

さて、私はどこを歌っているでしょうか?聴きながら当ててみてください。

https://linkco.re/6Vesv9sq

答え合わせは、こちらのブログで。

Hello World 歌詞&担当割

お母さんに「私のパートが少ない」と言ったら『あんたの歌唱力でCDデビューできることすら奇跡やん。パート少ないほうがありがたいと思いなさい。世の中の人のためやわ』と言われました。

たしかに下手な歌を聞かされる身になってみるという想像力?客観的に自分を分析する能力がアイドルになってから欠けてきていました。

なのでわたしは、メンバーがいなくなって「辞めたメンバーのパートを誰が歌うのか?」という話題になったときにはすぐに手を挙げるようになっていました。下手なのにすかさず挙手していました。

わたしのソロパートが、増えました。

喜んでいいのでしょうか?

新しい感情

保育園の頃から「歌う」意味が分からず、口パクをしてやり過ごすなどしていた私が、アイドルになってから自分の歌うパートを増やしたいって思うようになっていたこともだし、配信アプリの中でイベントがあったらランキング上位を狙って配信時間を増やしたり、凝った自撮り写真をUPするようになりました。どうしたんだろう私。

イベント参加時の1日のスケジュール

  • 朝8:00 ラジオ体操配信
  • 夕方17:00 電脳カプセルメンバー紹介配信
  • 夜22:00 雑談、企画配信
  • 深夜23:30 本、映画紹介配信

得意のイラストを描いて、メンバー全員を紹介したり22:00からの企画配信はiPadを使ってイラスト講座をしたり、ホワイトボードを壁に取り付けてコントのようなことをしたり 頑張る方向が間違っていたかもしれませんが配信に来てくれる人を楽しませるために一生懸命頑張りました。

マニアック似顔絵「この人だれ?」企画

毎日毎日、映画や本の紹介のコーナーのために台本書いていました。

それから、

.yell plusという自撮り投稿アプリをみなさん知っていますか?

参照:https://yell.plus/lp/download/

アイドルやタレント、かわいい一般人が自撮りを投稿してファンがyellポイントを買い、お気に入りの子にyellを送るというアプリなんです。

正直私なんかにyellポイントくれる人なんていないだろうと思っていたので

他の子たちがシンプルに自撮りを挙げている中、ひたすら動画を投稿したり、コラージュ画像を作ったり、長文日記のようなものを挙げたりして目立てるような投稿をがんばってほぼ毎日、多い時には1日5投稿ほどしました。

未だにこの努力の方向が合ってたのかはわかりませんが、この投稿を楽しみにしてくれていた方もいたので自分的には満足です。

それからInstagramも頑張って投稿をしていました。

↑プログラマーアイドルらしく、プログラミングについても発信していました。

Twitterの投稿ももちろん頑張っていました。

辞めた理由

運営さんは、基本的に私たちメンバーの活動内容に口を出すことがなく、先に挙げた配信内容や投稿は全てわたしが勝手に考えてこのような発信活動を行っていました。

ちょっと疑問なのですが、

他のアイドルグループは、プロデューサーが発信内容とかメンバーのキャラを考えて助言したりするのでしょうか?どこかでアイドル活動している方がいたら良かったら教えてほしいです。

私も最初はプロデューサーの存在はグループの方向性を統一するためにあると考えていましたが、何も指導されなかったので各メンバー自由に投稿していました。運営さんにグループの方向性について尋ねると「自分も初めてのアイドル運営なので一緒に作っていきたい」と言っていました。

ということなので、

グループの印象についてファンの方にアンケートを行ったらこのような回答がありました。

▶︎私が卒業前に自発的に行ったアンケート

質問: 電脳カプセルというアイドルグループに所属しているにっちっちですが、グループの存在は知っていましたか?(知ってる人は、どんなアイドルグループに見えてたか記述してほしいです)

回答1:
良く言えば個性が強くて全員が魅力的、悪く言えばメンバーが見ている将来や方向性がバラバラでまとまっていない。コンセプトに賛同した上で活動しているわけではないのかな、というのが透けて見えてしまい、エンジニアという立場から直近は少し寂しい想いで見ています。

回答2:
グループはもちろん知っていた。それぞれ個性が際立っていたが、メンバー共通の目標地点がなく(運営が示せていなかったこともあると思う)、熱意や方向性の足並みが揃わなかったというイメージです。

ファンの人にこのように見えていた通り、わたし自身、8カ月活動しつづけてもグループの着地点がわかりませんでした。
また、2020年11月に急に運営会社が変わると告げられ、新しい運営さんになりました。 運営が変わったことも辞める理由の一つとなりました。

このまま在籍していて、もう少しで何か見えていたかもしれませんが、私には在籍し続ける勇気がありませんでした。

アイドルやってみて良かったか?

結論:とても良かったです。

がむしゃらに自分の個性をアピールしていたおかげで、株式会社XSHELLというプログラミング教育に力を入れている会社に見つけてもらえました。

グループに在籍していた時に

「プログラマーアイドルと学ぶPython入門」というYouTubeライブを企画してくださり、メインゲストとしてお仕事を頂きました。

企画内容はプログラミング未経験のわたしがXSHELLさんが開発したPython入門教材を使ってイチから学んでいく様子をお届けするというものです。

このお仕事は、私が思い描いていたプログラミングアイドル像にとても近いものでした。

さらに、アイドルを卒業することになったあとも、XSHELLが運営するツクレル というブログでITライターとしてのお仕事をもらうことにもなりました。

プログラミングと電子工作初心者としてYouTube動画にも出演しています。

また、
ファンのみなさまにアンケートに答えていただき、ライターのニッチほそかわとしてではなく、アイドルわたしをどのように思っていたのか調査しました。

その回答を何回も読ませていただきました。

応援してくださった皆様にはほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。

アンケート回答紹介

① あなたは「にっちっち」がどんな人に見えてましたか?

偏見がない人。「楽しそう面白そう」と感じた物や人にすごい勢いでついていく人。故に、見ていて少し危なっかしく感じるときもありました。 そして才能とセンスに溢れる言動にいつも嫉妬してました。なんでこんな事が思い付けるんだ!とTwitter見ながらいつも歯ぎしりしてました。

頭の回転の早い知性的(たまに痴性的)な人。会話が楽しくて、聞いていると落ち着きます。

プログラミングアイドルグループの中で、1番アイドルっぽい。ポジティブになれるオーラを出してくれて、元気をいただいてました。トークが面白い。トークのネタ仕込みなと、このアンケートでフィードバックを得ようとしていることなど、いろいろなところに努力がかいまみえて、敬服しています。

個性派アイドル なにかの括りじゃなくてにっちっちという存在

自分の独自の世界観を持ってる。若くて可愛い要素だけで大量消費されるアイドルとは違う。このまま続けてたら、新しいジャンルのアイドル像が出来たのに、残念だなぁ。

自分の中のアイドル像に基づいて動いている人

幅広い雑学を知ってて発想が楽しい人

最初見たときはラジオ体操好きなんだなぁ位にしか見てなかったけど、配信みる回数増えるごとにこれは普通のアイドルとは違うなと気づきましたわ( ´-ω-)

どんな世界でも馴染んでいけるマルチタレントみたいな存在。知りたい世界が多くて、知っている事が深いので、おそらくスナックのママとかしたら日本一になれると思う。

何に対しても一生懸命な人

アイドル活動もプログラミングも色々と超がんばってる人

努力家で好奇心旺盛、そして疑問を持つ心を持っている、常識にとらわれないってことかな。 (見た目的には、黒髪の頃は、美人さん。金髪にしてからは可愛い系+きれい系) 一番はじめに出会ったのは、タピオカについて語っていた時。 その頃はマニアックな人だと思っていた。タピオカが流行ったので、それについて、調べるということも理解できた。最初はそこまで注目はしてなかった。 ツクレルさんとのPythonコラボが僕にとって、転機だった。 これが電脳カプセルと思ったし、プログラマーアイドルだと思った。 その配信では、疑問点をなくすべく、質問していた。プログラミングをしていて、壁に当たることのほうが多いと思う。(僕はそこまでゴリゴリのプログラマーではないけれど)そういう好奇心と疑問を持つ心がプログラミングや電子工作で確実に活きてくると思う。 キングコング西野さんとの話も同じだと思う。就活に対して、疑問を持つ心。 僕も高校の頃の校則(茶髪禁止)に疑問を持っていたからすごくわかります。 世の中にあるルールもおかしなものはおかしいと思うタイプ。(最近は忘れちゃったけど) 電カプの活動でいつも中心だった。1回目のファンミでは仕切ってくれた。 ツクレルさんの活動はプログラマーアイドルそのもの。忘年会でも一生懸命だし、 勝つために本気でした。 毎日配信はほんとありがたかった。このために8時に起きていた。 朝起きる習慣+ラジオ体操でスッキリ。いつも笑わせてくれた。 仕事前のちょっと鬱な気持ちが吹き飛んだ。日々頑張ろうって思った。 なので、配信中はとにかく笑わせてくれる人。でも、そこまで奇をてらっていない。本人はボケてるつもりがなさそうに見える。宇宙人だから。ダンボール星人だから。カエルだから。Toshiだから。ほんとにそのものだから。 歌声いつも癒やされてる。バラードがほんとにあっている。 すっぴんですらかわいいので、配信の時、ノーメイクでもずっと見てられる。 でも、それは、アイドルの前に、5キロ痩せたから。日々きれいになろうと努力しているから。 にっちは全力でアイドルしていた。歌とダンスをして、ボイスレッスンをして、 時には、寝坊するぐらい、遅くまで練習して、仕事して。でも毎日配信してくれる。 1月のニッチほそかわの姿とかポコチャをみて、まじでいつ寝ているんだって、不安になった。 そんな不安は人前では見せなかった。全力でアイドルだからだ。 全力でプログラマーだった。ツクレルさんの配信で、AI見守りカメラを作った。 動くものをちゃんと作った。電子工作の企画もはじまっているけど、期待しかない。 この前のインタビュー記事、会社の人たちが、いっぱいいいねしてくれた。 本部長っていう、一番偉い人、AIの部長、リーダー、みんながいいねをくれた。 新しいものを作る姿に、みんな応援しているからだ。(3人とも尊敬する方々) 会社でニッチほそかわの名前はまだ語っていないけど、いつか、世の中に知れ渡る存在だと信じている。一人の人間を見て、こんなわくわくしたことはない。 最近、ニッチの姿をみて、改めて、自分はこういうことがしたいんだって、気付かされた。ニッチには、本当に感謝しかないし、期待しかないありません。 本当にありがとう、そして、これからも応援しているし、よろしくおねがいします。

神様

② 最初と今で印象の変化はありましたか?

プログラミングを「理解した」と言えるようになるまでかなりの時間が必要なので、長い活動の中でグループが成長していくのかなと思っていました。が、にっちが(辞めちゃうけど)半年やそこらでITライターとして活動を始めるまで成長したのは正直驚きました。 「駆け出し」を逆手にとった立ち位置には「その手があったか」と発想の転換にもビックリです。

にっちっちの印象は、yellでフォローした時よりも更に人柄の深みを感じて、魅力的に感じてます。

歌が…上手くなった

メンバーが減ったけど何が問題だったんだろう……

まぢで 忍耐力と継続力と創意工夫を絶やさない人だとさらに思った

元々可愛かったけど、見られる意識って本当に大事で磨かれるともっともっと可愛くなるんだなーと

可愛くなったし、歌上手くなった。これからもっと応援していこうと思った矢先の卒業!!

かわいさを武器にすること への後ろめたさが取れた印象があります

途中からは何を言い出すのか、何をやりだすのか想像のナナメ上と言うかそれすらも分からないのが面白くて配信見に行ってという感じに(・ω・)

③その他メッセージ

電脳カプセルじゃなくても「プログラミング」に関わってくれたら嬉しいです。きっとにっちなら(割とマジで)何でもできると思うし、エンジニア特有の悪い文化も払拭してくれるポテンシャルを感じてます。 頑張って!IT業界のためにも!

次の活動でも、にっちっちの魅力に磨きをかけて頑張ってください!!微力ながら応援させていただきます。

何が…あっても…アイドルの経験を忘れないでね!!

毎朝ほぼ8時にラジオ体操配信お疲れ様でした。にっちっちの配信を楽しみにしてたファンは沢山いる筈。かけがえの無い時間を有難う。 毎朝は無理でも、また配信してねん。待ってるょ。

YouTube復活してください (←先日UPしました

初めてSRで見た時、ラジオ体操していたのが強烈でしたww

アイドルとしてはひとまず終わりですが、日に日に綺麗になっていくあなたをみて、人はこうも変われるものかと驚きました。 私自身もアイドルファンの世界を垣間見ることができ、良い経験をさせてもらったと思っています。 またこれからも違う分野であなたを見ることでしょうが、変わらず輝き続けてくださいね。 活動、お疲れ様でした。

本当に本当に今までありがとう!私の人生の中でにっちに出逢えたことは本当に大きいことだったし本当ににっちのことは尊敬してるし憧れだし大好きです!今まで沢山話してくれてありがとう!卒業したあともまたご飯行ったりしたいな!にっちとの思い出を思い出したらなんかすごい寂しくなってきた!!!🥺🥺笑とにかく本当にありがとう!お疲れ様でした!
(↑このメッセージは電脳カプセル最後のメンバーとしてアイドルを頑張っている愛理RaMちゃんからのです。ありがとね♡)

アイドルに挑戦してみて本当によかったです。

END

編集後記)
この記事を書こうか書こまいか、すごく悩みました。アイドルに詳しい人からしたら、「ふ~ん、まあよくあることじゃん」と思うかもだろうし、「というか、お前だれだよ」と絶対思われるなって。
でも、元々の私を知っていたり、周りにアイドル経験者がいない人に向けて書くならば、体験記を書く意義が十分にあるのでは?と思い、卒業後1ヶ月間悩みに悩んで書き上げました。
こんな人生の人もいるんだなと楽しんでもらえれば幸いです。