プログラマーアイドルなるものに応募してみた

プログラマーアイドルなるものに応募してみた
Pocket

4月後半の出来事だった。

Twitterでプログラマーアイドルなるものを募集しているのを発見、面白そうだから応募した。こういうのは勢いである。

 

アイドルは薄給なことが多いので、己の技能を磨き「二足の草鞋を履く」アイドルを育成するのが目的だそうだ。

 

この前、最終面接があった。(ZOOMで)

 

口下手な自分が嫌になった。

回答をまわりくどく言ってしまったり、話が長かったり 今思い返しても恥ずかしいな。

 

「すいません、あの~、歌ったり、踊ったりしますか?」

『はい、アイドルなのでもちろんあります。』

 

「・・・・。」

 

破滅的音痴と運動神経のなさは自分が一番わかってるので絶望。

 

 

受かってたら、また新しいことが始まってきっと楽しいだろうし、もし落ちていても、アイドルに応募したことがあるって事実ができるだけ 儲けモノである。